ビブリア古書堂の事件手帖弟7話 次はユートピア

大好きなものに囲まれて毎日を楽しく

2015年はダイエット頑張るぞ!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
全国の栞子さんファンの方、第7話の感想はどんなものでしょうか?


えっと個人的な感想を述べると
これは、残念ですね。演技も下手だなあ・・。


というか、私も原作を先に読むべきではなかったなと
思いました。


しかも、いきなり「ユートピア」へ移るとは・・
見る前にイメージが出来上がっていたので
コケました。


「えー?えー?」
「なんで、そんな中途半端な終わり方にしちゃうの?」と
不満が残ってしまった弟7話でした。



ビブリア古書堂の事件手帖(3) [ 三上延 ]

アラフィフブログランキング バナー
にほんブログ村
太宰治の晩年を燃やす場面、もう少し間を持たせて欲しいというか
あっさりし過ぎですよね。

原作では、あの後大輔さんは古書堂を辞めるんだけどな?

「たかが 本のために」
この言葉が大輔と栞子さんとの間に溝が出来てしまって


テレビでも一応は描かれていたんですが
あっさり埋めてましたね。


テレビしか見てなかったら
なんとも思わなかったのかも知れませんが


私は、原作読んでたので
このあたりは、テレビでどう作りこむのかな?って楽しみでした。


ココは絶対変えてはいけない部分だと思うのだけど
ファンからの意見は分かれそうですよ。

あの場面は、もしかして、最後に持ってくるのかな?


話は変わりますが、私は栞子さんのファンなんですけど
ドラマでは剛力さんの衣装に注目しています。

いつもふんわりとした
ナチュラルな雰囲気なので好きだなあ。


ノスタルジックな古書堂店内にも仕掛けが。
ステンドグラスの窓も、どこから撮影しても
映るように工夫されているんですよ。


鎌倉の古い家を改築したそうです。
やっぱりいろいろ見所があって来週も楽しみ♪

表紙のイラストがいいよね^ ^

《本屋大賞2012 ノミネート作品》ビブリア古書堂の事件手帖 [ 三上延 ]

アラフィフブログランキング バナー
にほんブログ村
関連記事
2013.02.26 12:15 | テレビ | トラックバック(-) | コメント(0) |
トップページスポンサー広告||テレビビブリア古書堂の事件手帖弟7話 次はユートピア












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。